September Records

セプテンバーレコード店主のブログ

20歳の誕生日

20歳の誕生日、ロックの象徴として憧れていたジャック・ダニエルの酒瓶が実家から送られてきた。同封されていた手紙には「人の迷惑にならないことなら何をやってもよい」的なことが書いてあった。

 

その頃毎日のように通っていたレコード屋を出たあとに向かった楽器屋の隅で、「ギタリスト募集!」という一枚のチラシを目にした。そのバンドは女性ボーカルと男性ギター・ベース・ドラムの四人組で、最近ギタリストが脱退したらしく、新しいメンバーを探しているという。

 

大学のサークルで組んだぬるいバンドに飽きてしまっていたから、書いてあった番号に直ぐ連絡をいれた。そして彼らのライブを下北沢シェルターへ見い行き、後日オーディションに為スタジオに入った。

 

初期JUDY & MARYをよりシンプルにしたようなバンドで、正式メンバーになったのはその週数間後。すぐさま横浜近くの大学へ機材を持ちよりレコーディング。主に下北沢シェルター横浜CLUB24を拠点とし、ドブ板通りにある横須賀かぼちゃ屋でライブをした辺りは、なんかバンドやってる感があって楽しかった。

 

洋楽ばっかり聴いていた自分と、邦楽ばかり聴いていたリーダーとは方向性の問題など色々あった。その頃デビューしたての椎名林檎8cmCDを聴いて、自分の才能の無さを再確認させられたし、もやもやした気持ちでバンドをしているうち、同じレーベルにいたほぼ同期のバンドは華々しくデビューしていったり、、このバンドに居るべきか常に悩んでいた。

 

ライブをやる度に辞める理由を探しているのは辛かった。結局所属レーベルが変わることになったのを機にバンドを脱退。その後はバンドらしいバンドを組むことは無かった。そして最初から馴染めていなかった大学も辞めた。

 

そうやって中途半端に投げ出された社会、いくつかのアルバイト先では運悪く理不尽な人に頭を悩まされた。たとえ大人になったとしても子供じみたいじめは蔓延っていることがショックだった。出る杭は打たれ、やがて行く場所はなくなり、その場を去ることでしか状況は変えられないと思っていた。

 

ある日のこと、癒しとなっていたはずの行きつけの雑貨屋の店主から「先のことばかりで、今の自分が見えていない」と核心をつく言葉を突きつけられた。いつの間にか、周りで出世した人を自慢して自分も出世した気になったり、不満を撒き散らすだけでやるべき努力をしていない、ダメな人間になっていたのだ。

 

まだ20代前半の頃に運良く気づかせてもらえて、それからの人生ががらっと変わったと思う。照れくさく感謝の気持ちを伝えに行くまで3年以上かかった。スターウォーズで、早くジェダイになりたいルークに対し、ヨーダもそんな事を言っていた。この際ヨーダにも感謝したいと思う。

- - - - - - - - - -

 

22年前の成人の日は大雪で、都内に住んでいた僕には帰省するのが難しく、行くつもりじゃなかった成人式を欠席する理由ができて丁度良かった。

 

二十歳になったら"おとな"扱いをされ、幾つになっても心無い"おとな"風の人に惑わされ、周りから"おとな"になることを強要されるのがこの世。

 

それでも"おとな"を避けてたどり着く、この世の果てのような所に集まった少数のにんげんは、大多数の"おとな"を俯瞰しながら、"おとな"になんかなりたくないと死ぬまで言い続けることだろう。

 

だから成人式を欠席してバツが悪い思いをしている新成人は、両親に感謝の気持ちを伝えたあと、セプテンバーレコードに行き「バレーボウイズ / 卒業」買うことをオススメします。