September Records

セプテンバーレコードの店主です

DOOM

f:id:September-Records:20220405004741j:image

 

彼らの曲を聴いているといつも、自分も仲間たちとあんな風にギターを弾いて歌ってみたいという気持ちになる。それと同時に、彼らのような連帯感をもつバンドは、僕にはもう出来ないだろうな、という決してネガティブではないけれど、そんな気持ちがいつも交差してしまう。

 

敵わないなという気持ちはどうすることも出来ないから、音楽なら聴きまくって自分の一部にしてしまえばいい。ヤコブ氏のアルバム「お湯の中のナイフ」が出た当初は、本当に毎日リピートして聴いていたし、それから何ヶ月間も起床時にまず頭を巡るのは「DOOM」だった。

 

最近色々あり過ぎたから、身の回りのことが疎かになってしまい、好きだったことも良くわからなくなってしまうくらい、自己嫌悪の毎日が続いていた。朝は山に行くだけの元気が出ない反面、夜には取り返すように映画や漫画を見まくるが、ほとんど頭に入ってこない空回りの毎日が辛かった。

 

コロナの状況に左右され、家主の東京の公演にはなかなか行くことが出来ず、個人的に約2年振りとなった彼らのライブ。会場は後ろまでお客さんで埋め尽くされていた。

 

最近はライブ中でも身に起こっている問題を反芻してしまいがちだったけど、眩しい光のような彼らの音楽に、昨日は一時もステージから目を離すことが出来なかった。

 

するとこれまで彼らの音楽に重ねて来た自分の気持ちが蘇り、本編最後に彼らの「DOOM」が始まると、その思いはピークに達した。あの轟音のなか救われた気持ちになったのは僕だけでは無かったと思う。

 

「欲し〜いもの〜も 欲し〜い〜と思〜わな〜くなっちまったよ」と清々しい気分のなか口ずさみながら、雨の渋谷をあとにする。そして、いつの間にか口笛を吹くまでに回復している自分に気がついた。

 

そして仕上げは京都・磔磔にて。やはり生の音楽は無敵だった。

不器用

f:id:September-Records:20220405004409j:image

 

昨日のこと。来月企画しているライブイベントのチケットを買う為に来てくれたお客さんは、仕事をしながら歌を作って歌っている人。

 

数年前に転勤で群馬に引っ越し来たけど、知り合いがいない為ライブをやれる場所を知らず、うちの店に相談に来てくれた。

 

その時はまだ音源は全く無かったようだったので、どんな曲をやっているのか聴かせて欲しい言うと、一ヶ月後にちゃんと弾き語りのデモテープを作って持ってきてくれた。

 

彼が持つ人に対しての距離感や、ボソボソと喋る感じ、そして他の人にはみられない素直な性格に、どうにかしてあげたい気持ちと、そっと見届けたい気持ちが交差していた。次に来店した時にデモテープの感想を伝えたっきり、その後は連絡はとっていなかった。

 

少し前に久々彼のTwitterを覗くと、僕の言う通りにある場所に出向いたらしく、それから知り合いも出来たみたいで、少ないながら地道にライブをしているようで安心した。そして、弾き語りをしている彼には今度のライブを見て欲しいなと思い、久々にDMで連絡をとった。

 

数日後、是非観たいですと返信が来た。車だと割と近いところに住んでいるから、チケットは店頭で販売してるので来店して欲しいと告げた。

 

昨日の夕方店番をしていると、チケットが欲しいとう男性に名前を聞くと、彼だった。髪を切ってマスクをしているから言われるまで全く気がつかなかった。

 

店内に他のお客さんもいたので、ちゃんと話したのは少し経った後だった。てっきり隣の市から来てくれたとばかり思っていたが、いつのまにか転勤で横浜に引っ越しており、今日は電車とバスを乗り継いで来たという。

 

「引っ越したのなら言ってくれれば良かったのに」というと、「たまには温泉にでも入ろうかと思って」とか照れ臭そうに話し出した。

 

そして帰りのバスが来る閉店時間の18時まで、一時間ちょっとお茶を飲んだりして過ごした。

 

以前から感じていた、彼の良い意味で不器用な性格に、今回もなんかほっとけなくなってしまった。話の流れからYoutubeで美味そうな店の動画を見せ、お腹が空くような話をしてから彼を食事に誘った。

 

閉店後、彼を車に乗せラーメン屋に連れて行った。彼は僕がオススメしたものを注文し、静かに食べ終わると「これ美味いですね」と小さい声で言った。駅までの通り道、他に気になっていたタバコ臭い店に入ってみたり、マンガが好きらしかったので古本屋に連れてったりした。

 

古本屋では別行動をしていたが、たまたま合流すると彼は僕が思春期の頃に好きだった「ある漫画」を手に取って眺めていた。簡単に設定とあらすじを伝えると「これにします」と言って、既に手にしていた他のマンガを棚に戻し、真っ直ぐにレジに向かった。

 

駅に送る途中「さっきの漫画に出てくる店みたいなことをしたいと思っていつも営業してる」と話すと、小さな声で「それは余計に楽しみですね」と嬉しそうにしていた。

 

彼と別れ、店に戻りあと片付けをしていると、渡したはずのチケットが置き忘れていた。とりあえずチケットは預かっているから、当日受け付けで名前を言うようにと連絡しておいた。

 

閉店後の行動は、彼になんとかしてあげたかったというより、僕が彼に対する感情をどうにかしたかっただけかも知れない。

やりたいことをした日

f:id:September-Records:20220109151642j:image

 

結果を出した周りの友達のことばかり話し、自分もなんかすごいんじゃないかという雰囲気を出してイタかった20代前半、本気で説教してくれてた雑貨屋の店主がいまして、おかげで手遅れになる前に人生の軌道を修正できました。

 

9年前、東京を離れる時に会って頂いた数少ない人です。元気になったら会いに行こうと思っていたけれど、照れ臭かったりなんなりで、時間が経ち過ぎてしまいました。

 

関係性は違うけれどNETFLIXで「浅草キッド」を観たある日の午前中、自分にとって一番大きな影響を与えてくれた人は誰だろと考えたら、今こそ会いに行かねばと思い、機会をうかがっていました。

 

一昨日、予定が飛んで時間ができたので、何も言わずに会いに行きました。駅に着くと丁度雪が降ってきました。服に張り付く雪を払いながら、懐かしくも変わってしまった街並みの中に、変わらないものを見つけては胸を熱くしました。

 

突然の訪問にもかかわらず、店をスタッフに任せて時間をとって頂き、近況からなにからいろいろと話をすることが出来ました。

 

10年後、はたまた来年すら世の中がどうなっているかわかりません。これからも自分らしく生きられるように、無理せず頑張ろうと思います。

 

- - - - -

 

一年くらい前からYoutubeでみてる「大喜る人たち」、サツマカワRPGさんと、オダウエダの植田さんが好きなので、予定が合えばライブに行こうと思ってました。

 

たまたま15時からオダウエダが出る∞ホールでの吉本ライブと、19時からサツマカワ氏が出るナルゲキでのK-PROライブのチケットが取れたので、間にアイルランドビールを挟んでハシゴしてきました。

 

一年近く追っていた方々を目の前にすると、面白さ以上に感動が勝ってしまったけど、どの芸人さんも本気で舞台に立っている感じで、こちらも本気で笑わせて頂きました。

 

- - - - -

 

四年振りにかつての新子、いまの西瓜糖へ。前回と同じところの手土産を渡したら「あ、レコード屋さん」って覚えていてくれていた。

 

隣に座っていた方に群馬のオススメスポットを聞かれたので「山と温泉」と答えた。他の人たちとの会話には殆ど入らず、さっと二杯だけ飲んで店を後にし、マックでテイクアウトしてホテルに帰った。

 

- - - - -

 

急に計画した一日だったけど、上手くいった一日でした。年末怖い思いをして足が遠のいた登山は、もう少し置いておきます。最近は好きな映画を何回もみたり、いつかやろうと思っていたことをしたり、違うベクトルで自分を取り戻そうとしています。

オープンから5年が経ちました。

午前9時、3年半振りに髪を短く切ってもらった。それから自動車運転免許を更新に行くも時間が合わず、引き返して登山用品店に入った。

 

欲しかった靴下やクーラーバッグを手に取り、新しいレインウェアを物色していると、昨日登った山でライターを貸してくれた方に良く似た方が隣にいるではないか。

 

instagramの記事を参考にどうぞ)

https://www.instagram.com/p/CUEzJiPvjyD/?utm_medium=copy_link

 

しかも彼は店員だった。目が合ってしまい「何かお探しですか?」と優しく話かけられたので、「いや、、あの、昨日赤城にいらっしゃいましたか?」と勇気を出して返した。

 

変な間があった後「あ、はい、、」と戸惑った様子だったので、「ライター貸して頂いたものです」と親指でジェスチャーすると、ようやく気づいて笑顔を返してくれた。

 

「ちゃんと使えましたか?」「はい!ありがとうございました!ちゃんとお湯沸かせました!」みたいな会話ですぐに終えたが、勢いに任せて連絡先くらい聞いても良かったかな、、でもホントに聞いたら気持ち悪がられるだろうから、やっぱりやめて良かったと思う。

 

- - - - -

 

今日はセプテンバーレコードが5年前に(プレ)オープンした日。個人的にもまた一つ歳をとったので、スーパーで一番大きくて安い肉(350g 880円)を買ってきて焼いてやった。

 

これまで沢山の方にお越し頂いて、レコードを買っていただいたり、音楽を中心とした話、人によってはさらに踏み込んだ話などもできて、余裕はないけども、おかげさまで楽しい日々を送る事が出来ています。

 

もしレコード屋をやっていなかったら、今頃どうなっていたであろうか、、。

 

- - - - -

 

8年前の春、体調不良で東京から群馬に一時帰省していた時は、ほんとにドン底でした。居場所もなく、東京に戻ることばかり考え、空回りして何一つ思うようには行かず、長いこと暗中模索の日々が続きました。

 

〜中略〜

 

5年〜5年半くらい前にかけて、群馬での生活に兆しがみえるような方々との出会いがありました。

 

皆それぞれ街で生活しているだけなのに、見えない役割のようなものがあって支え合っている感じ、何よりも居場所があることが羨ましく、みんなキラキラして見えました。

 

僕も地元でそのような場所をつくれないか、誰かの生活の一部になることが出来ればいいなと、思い切ってレコード屋をやろうと決心しました。Glim Spanky「大人になったら」を聴いたことによる啓示も丁度その頃です。

 

未だコロナ禍で辛い日々が続いています。そんな中でも来店してくれる方々とマスク越しにする会話や、通販時にメッセージを書いたり頂いたり、、オープン当初に考えていたことが、5年目にして少しずつ実現できているかも知れないなと思っているところです。

 

レコード屋としていつまでできるか分かりませんが、僕なりにやれることを考えて、細く長くやっていけたら嬉しいです。いつも気にしてくれているみなさんに本当に支えられているなと常に感じていますし、上手く言えませんが感謝してもし切れません。

 

だいぶご無沙汰の方も、まだの方も思い出した時に遊びに来てくれたら嬉しいです。

 

今後ともセプテンバーレコードをよろしくお願いします。

 

(明日は13-18時で臨時営業します)

f:id:September-Records:20210922220304j:image

mid90s

 

mid90s、自分にとってはearly90s。小学校の授業が終わると家に飛んで帰り、すぐさまスケボーに乗って学校へ戻ると、誰とつるむ訳でもなく暗くなるまで遊んだ。たまにグラウンドの東の空に浮かんだ月が大きくて不気味だった。

 

トレノに乗る従兄弟たちに教えてもらった音楽はB’zのLADY NAVIGATIONとピンクサファイアのP.S. I LOVE YOU、高崎にあった「る〜パン」でピザを食べたり、レンタルCD屋に連れてってもらったり、毎週のように新しい遊びを教えてもらった。

 

中学1年の時、野球部の先輩がタバコを吸いながら部室でイチャこいているところに遭遇してしまった。背後から腰元のような奴が飛びかかってきて殴られた。部室に道具を取りに行っただけなのに、、奴は何をしてたのか知らないが、ゲートすら守れずミスの腹いせに手を出してきた哀れな男の顔は今も忘れられない。

高校の頃、吹奏楽部と軽音部を行ったり来たりし、先輩には何回か飲まされたがビールは不味かったし、タバコを初めて吸ったのは20歳の誕生日にもらったハイライトだった。

 

自分にはスケボーも音楽もあったけど、もし映画のような環境だったらどうだったろうかと、過ぎ去った90’sに想いを馳せた。

f:id:September-Records:20201126225345j:image

火花

昨日、最終上映日だった映画を観に行く為、シャワーを浴びて着替えをしていると、携帯に予期しない予定が入ってしまった。急いで車に乗って出かけてみたものの、結局映画には間に合わなかった。

 

ノンアルコールビールとつまみを買い込み、仕方なく家で『火花(ドラマ版)』の残りを一気観することにした。全て観終わったのは22時頃、思わず号泣したのは第9話だったが、最後まで良いドラマだったと思う。

 

馴染みのある吉祥寺や新宿の風景は没入するに丁度良かった。登場人物に自分を重ねてはいなかったが、高校時代に一緒にバンドをやっていた友達Mのことが何度も頭をよぎった。

 

地元に帰ることは殆ど誰にも言わなかった。すぐ戻ると信じていたから、最後に彼と連絡を取ったのは既に9年も前になっていた。

 

今頃何をしているのだろう。アドレス欄には番号も入っているが、用事もなくかけるのも気が引ける。SNSをやっているタイプではないし、そうやって隠れて覗き見したいと思う種類の友達ではない。きっとまた直ぐに会えるだろう、、そう思って長い時間が過ぎていた。

 

彼だけではない、大学時代につるんだバンドメンバーとは皆それっきりだし、SNSで繋がっている東京の友達とも殆ど会っていない。たまにメッセージをやり取りをしている友達とも、そうして疎遠になってしまうのかなぁなどと思ったりした。

 

今日店は混雑することは無かったが、お客さんが殆ど途切れなかった。一度もゆっくりする事なく、気がつくと窓の外は真っ暗になっていた。随分陽が落ちるのが早くなったなぁと、丸椅子に腰を落とすと同時、入り口の扉が開いた。

 

「こんにちは」と投げかけた先には、Mが立っている様に思えた。よく似ているがマスクをしている為確信はない。昨日の今日の出来事にまさかとは思ったが「Mか?」と尋ねてしまった。

 

「あ、違います」という呆気ない応えが返ってきてしまい、恥ずかしさと行き場のない感情を「最近目が悪くなってしまって、、」と誤魔化した。

 

- - - - -

 

そんな昨日からのことをMの携帯にメールしてみようと思ったけど、気持ち悪がられるのでやめておいた。年末までには「レコード屋始めたから遊びに来て」と連絡してみようと思う。

 

f:id:September-Records:20201107233442j:image

アンナ・カリーナ

f:id:September-Records:20200207214038j:image

 

66年フランス制作映画「ANNA」は、リマスターによって鮮やかに蘇ると共に、2020年高崎から1998年渋谷へとタイムトリップさせてくれた。

 

当時映画配給会社で働いていた友だちにチケットをもらって劇場で観たあと、あまりの素晴らしさに今度はチケットを買って観た。あの頃はなかなか見れなかったフランス映画がたくさんリバイバル上映されたから端から観たし、レコードも沢山再発・発掘された時代だった。そんななか断トツに衝撃的かつカッコイイ映画・音楽が「ANNA」だった。

 

もちろんゲンズブールの他の作品も沢山再発され、端から買って聴きまくったけど、個人的に「ANNA」に勝るレコードは無かった。

 

《フランスにいた頃、フリーマーケットでオリジナル盤を見つけたものの、400ユーロ(当時のレートで68,000円位)と言われ落ち込んで帰ったのを昨日のように覚えている。》 


今日同じように映画館で鑑賞したら、当時バイトしていたレコード屋のことや、いつも遊んでいた仲間のこと、嫌いだったアイツのことや、好きだった子のことをまるっと思い出して、珍しく今頃みんなはどうしているのかなと思ったりした。

 

 

- - - - - -

 

 

98年の週末、いつものクラブでのこと。

 

ヨーロッパの映画に出てくるような愛称で呼ばれている、誰とも群れないかわいい女の子から、帰り際に突然「引っ越すからレコードプレーヤーあげるね」と、送り先の住所を尋ねられた。

 

2人きりで話したのはこれが初めてだったと思う。明るくなってきた外を目指し一緒に階段を登り店を出ると、彼女は停めてあった自転車に乗り三茶方面に消えて行った。

 

数週間後、ゆうパックで届けられた伝票の発送元には、漢字で古風なフルネームが書いてあった。あの愛称とのギャップに、よくわからない熱い想いが込み上げてきた、のを思い出した。

 

その後一度も連絡は取り合わず、今は彼女の顔も名前も覚えていないけど、レコードプレーヤーはまだちゃんと回っている。

 

f:id:September-Records:20200207213953j:image