September Records

セプテンバーレコード店主のブログ

深夜散歩

嬉しいことに、11月末から来年にかけてやり甲斐があるデザイン仕事がたくさん入った。

店での接客時間以外はデスクに向かっていることが多く、運動不足が万年化している。一日数百歩しか歩かない日もあるし、長年マウスを握り続けている右手は使い過ぎで、医者やマッサージ師から同情されるほど硬直しちゃっている。

こないだはコーヒーポットが持ち上がらないくらい腕が重く、今日はカレースプーンを持つ親指が痛む。

これでは流石に1月いっぱい入っているデザイン仕事を乗り越えられないと思い、3日坊主になるかと思うけど運動することにした。

昨日の閉店後、仕事の合間に近所を散歩しようと外に出た。イヤホンでエディ・リーダーのアルバムを聴き、うきうきと歩き出したが、街灯もまばらで暗すぎて危険、遠くでサイレンが鳴り出しよくわからない不安、目が慣れてくるにつれだんだんと見えてきた景色が不気味で怖くなり、曲をアーサーラッセルに変えて直ぐに帰ってきた。

今日は続いていた仕事がひと段落したので、閉店後車に乗り歩ける場所を探しに行った。

なかなか良い場所が無く一瞬帰ろうかと思ったが、まずステーキ店に入り350gの肉を注文、これでは足りない、さらにコンビニでアイスとコーヒーを買い、このままでは帰れない状況をつくった。

どこでもいいやと公園にたどり着くと、既に駐車場には5台くらいの車があり、全て中に人がいて、それぞれ何かしているみたいだ。

園内は思ったより暗いが、昨日とは段違いに安心感がある。

今日初LP化したhideのアルバムをiPhoneに用意しておいたので、久々にイヤホンで聴きながら歩き出した。さっきまで店で聴いていたレコードは迫力があり感動したけど、いままでずっとイヤホンで聴いていた曲だから、やはりこちらの方がしっくりきた。

歩道には誰もいないので、口パクで歌ったり、サビで走り出したり、ギターを弾くまねをしても大丈夫だ。後で影に数人いたのがわかり、少し恥ずかしかったけどまあいい。それよりも、広い公園を自由に歩くのは気持ちが良かった。

少し歩いてから気がついた。そういえばちゃんと園内に入ったのは初めてかもしれない。小学校6年生のとき、好きだった女の子とデートで行く妄想だけしてそのままになっていた公園は、思っていた以上に広く、小さな池と丸く赤い橋があり、川が流れ、遊具がたくさん、意外と起伏があって楽しい空間だ。

長い間好きだったその女の子から、中一の冬に告白されて本当に嬉しかったけど、突然の出来事に恥ずかしくなってしまい、それ以来無視してしまった。

あの時ちゃんと思いを告げる事ができていたら、また違う人生だったんだろうかとか、その時から果てしなく分かれる選択肢を想像し、変に汗ばんだ挙句くらくらきたので、最後はever freeでダッシュしてから帰宅した。平和な一日。

 

f:id:September-Records:20171206111003j:image