September Records

セプテンバーレコード店主のブログ

成人の日

さっきまで店の外は派手なみぞれ。 20年前の成人の日は大雪で、都内に住んでいた僕には帰省するのが難しく、行くつもりじゃなかった成人式を欠席する理由ができて丁度良かった。 二十歳になっていきなり大人扱いをされ、幾つになっても心無い大人風の人に惑…

大晦日

今年は良い新譜が沢山出て、仕入れが大変だったけれど、それによって去年より多くの方が お店に来てくれる様になったし、はじめてのレコードを買う方に何人も立ち会えたのが嬉しかったです。派手なニュースは無いけれど、音楽によって引き寄せられた、出会っ…

深夜散歩

嬉しいことに、11月末から来年にかけてやり甲斐があるデザイン仕事がたくさん入った。店での接客時間以外はデスクに向かっていることが多く、運動不足が万年化している。一日数百歩しか歩かない日もあるし、長年マウスを握り続けている右手は使い過ぎで、医…

行き当たりばったり松本への旅。

ホテルを出て、昨日飲み屋で教えてもらった近くのパン屋さんteteへ。小麦のクロワッサンはじめ、小松菜とカマンベールチーズのパンも美味しかった。多分全部のパンが美味いはず。店構えや陳列の感じで大体わかる。ジャケットが良いレコードにハズレはない。…

連鎖

久しぶりに開いたコラム本の冒頭3ページで手が止まってしまった。 - - - - - - - - - - - - - - - -はっきりとした”悪意のメール”を受け取ったとき、「悪いことしていないのに、なんでこんなこと言われなきゃいけないの」とは思ず、自分がこの人を攻撃したの…

冷たい雨の日のベランダ

冷たい雨が続くと、20歳の頃に住んでいた部屋のベランダのことを思いだす。当時読んでいた本のあいだから、この写真が出てきた。大学2年の春、渋谷にあったレコード屋で週3回くらい働くことになった。閉店後も店にいる事を許されている音楽関係者や先輩方が…

古本屋の棚

店は金曜が休みだから、連勤が終わる木曜20時になると、予定が無くてもとりあえず街に出ることにしている。店や部屋は好きなもので溢れていて、頭の切り替えができないし、何もしていないという事が辛くなってしまい、結局仕事をしてしまうからだ。無理やり1…

むだな自意識

早く起きちゃって、近所のパン屋でモーニングを食べながら読み返している本の一節の要約。 - - - - - - - - - - - - - - - -18歳の頃、シャンソン歌手が歌う店に間違えて入ってしまい、客は自分一人。ヒラヒラドレスのお姉さんがマイクを持って歌いながら近…

ビラまきのコジマさん

今から15年以上前、小田急線のとある駅周辺に住む彼女がいて、デート帰りによく家まで送ったりしていた。いつも駅の構内で青いキャップとベンチコートなどを着てビラを撒く、ひとりの青年がいて、僕らは彼をコジマさんという愛称で勝手に呼んでいた。コジマ…